【金城ベーカリー】パン食べ放題ならここ!那覇市首里にある昔ながらのパン屋さん!

グルメ

地元に愛され続ける金城ベーカリー。店内は明るい雰囲気で、笑顔のスタッフが迎えてくれます。ここの名物は何と言ってもパンバイキング!

なんと810円でパン食べ放題とフリードリンクがセットで楽しめます。しかも今ならランチマップを使えば500円のワンコイン!

お得過ぎます!パン好きにはたまりません。

かく言う私も大のパン好きで、高校時代は週一で通い、最近は月一でパンバイキングにお邪魔しています。

今回はそんなお買い得な金城ベーカリーを紹介します。

スポンサーリンク

金城ベーカリーってどこにあるの?営業時間は?

環状2号線沿い、儀保交差点から南風原方面に150mほど坂を上った左手にあります。

  • 住所:沖縄県那覇市首里赤平町2-51-3
  • 電話番号:098-884-2505
  • 営業時間:月~金8:00~18:30、土8:00~18:00
  • 駐車場:店舗前6台スペースアリ
  • 定休日:日曜日

一部赤レンガの建物。よく見ると駐車場の上側に看板がありますね。

“首里の昔ながらのパン屋です。キンジョー”

スポンサーリンク

パンバイキングの利用方法は?料金は?時間制限はあるの?

パンバイキングは入店時に会計になります。会計時にレジにてバイキング利用者用のトレーを受け取り、バイキング中はこのトレーをずっと使います。なお、時間制限があり2時間となっています。

ご利用料金は時間帯によって異なります。

8:00~10:00受付なら大人648円、こども432円。

10:00~16:00受付なら大人810円、小学生594円、3歳~小学生未満378円。

お昼の時間帯はこども料金が細かく設定されるので注意。

 

ちなみにランチマップ利用の場合は月~金の10:00~16:00に限定されます。500円ってお得^^

スポンサーリンク

店内の様子

店舗奥に4人掛けのテーブル席3つ。中央に6人掛けテーブル1つ。窓際にカウンター風のテーブルもあります。

お昼の時間帯は混雑するのでおひとりで利用する場合は、おのずと窓際か、中央のテーブルの端っこ席になります。

日中は子連れ主婦層が多く訪れます。

店内から実際にパンを製作している様子を眺めることができます。

スポンサーリンク

どんなパンが置いてあるの?

とにかく色々あります。

こんなに種類が多くてちゃんと黒字経営できているのか心配になるくらい。

写真に写っている範囲だと、焼きカレーパン、ウインナートマトドッグ、ベーコンロール、ヨモギパン、肉まんドッグ、ウインナーロール、ちーずぼうる、ピロシキ。

シナモンロール、メロンパン、ミルクパン、シュガードーナツ、ココアあげぱん、アンパンマン、クリームパン、田芋パン、かぼちゃパン、紅芋パン。くまちゃんラスク、パンダちゃん、フレンチトースト。

デザートにほどよい、クリームの乗ったデニッシュもあります。

暖かいパンがお好きなかたはこちらのトースターで温めていただくことができます。

個人的には、メロンパン(クリーム入り)、ピロシキ、ベーコンロールが好き。外せません。

スポンサーリンク

ドリンクの種類は?

アイスティー、コーヒー、オレンジジュース、お冷などがをセルフでいただきます。

スポンサーリンク

ご利用の際の注意点

注意点は2つ。

  1. 全てのパンが食べられるわけではない
  2. 混雑している場合は席を譲りましょう

こちらの写真のように、パンの名称にピンクの札が付いているものはバイキングの対象外です。大きめのパンや複数個入ったパン、サンドイッチなどはダメなようです。

勉強する人は2時間で席を譲らなければなりません。周辺に学校や塾が複数あるので試験前は勉強する人がいるようです。混雑時は待っている方に席を譲りましょう

スポンサーリンク

バイキング以外もいろいろやっています

第3金曜日は20%OFF!

ミニ菓子パン詰め合わせが1,300円。内容が気になります。店内でスパゲッティやタコライスなどの軽食も可能です。

スポンサーリンク

終わりに

金城ベーカリーは美味しくて種類が豊富なパン食べ放題のお店でした。パンバイキング以外にも軽食が楽しめて、知人と雑談するスペースにはもってこいの場所です。美味しいパンをゆっくり味わないがら楽しくおしゃべり。いいかもしれません^^

 

コメント