【ビオスの丘】自然・探検・体験。アクティビティ満載で気分はトムソーヤ!

沖縄

沖縄本島中部のうるま市にある『ビオスの丘』。観光ガイドブックに載っており、連日観光客で賑わいますが、地元沖縄県民で行ったことがある、という方はごく少数。植物園のイメージが強く、大人向けな感じがしますが、実は子どもも楽しめるアクティビティ満載の施設なんです。

そんな『ビオスの丘』を少しだけ紹介します。またお得なチケットの購入方法を記事の最後にまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

アクティビティ満載のビオスの丘

『ビオスの丘』って、どこにあるかわかりますか?どんな施設か知っていますか?実は、私も場所や施設の詳細を知ったのはつい先日。沖縄県民でありながらお恥ずかしい。実際に行ってみるとイメージが払しょくされました。

ビオスの丘の概要


沖縄ロイヤルゴルフクラブに併設。58号線からのアクセスだとルネッサンスリゾートオキナワを過ぎて仲泊の交差点を右折。1km先にビオスの丘の看板が見えてくるので右折。さらに1kmほど進むとビオスの丘に到着です。入口の看板から少し車を走らせたところに駐車場があります。

  • 住所:沖縄県うるま市石川嘉手刈961番の30
  • 公式:https://www.bios-hill.co.jp/
  • 料金:大人(中学生以上)900円、4歳から小学生500、4歳未満無料
  • 開館時間:9:00~18:00(年中無休)
  • 所要時間:さっと巡って1~3時間、じっくり体験して丸一日
  • レストラン:アリ

どんな体験ができるの?

自然と沖縄をベースに、様々な体験ができます。一部有料ですのでご注意ください。また料金等の最新状況は公式ページからご確認ください。

  • 天然木の遊具でアスレチック(無料)
  • 特大ブランコ(無料)
  • 懐かしの遊具で遊ぶ(無料)
  • スタンプラリー(無料)
  • 水牛やヤギとふれあう(無料)
  • 自然観察(無料)
  • カヌー体験(大人3,000円)
  • 平舟体験(3,000円)
  • 湖水鑑賞舟(大人800円、子ども500円)
  • 水牛車でのお散歩(大人900円、子ども600円)
  • Dr.Fish体験(540円)
  • 沖縄のおもちゃ作り(大人7,000円、子ども5,000円)
  • 琉装写真撮影(1,080円)

施設の様子

駐車場脇の入園口。ここで受付を済ませその先に行くと渡り廊下になっています。

渡り廊下の先から『ビオスの丘』の全景を見渡すことができます。木々に囲まれ自然豊か。ヘゴも所々に生えていてジャングルのようです。エレベータを降りると庭園に到着。

エレベータ脇の庭園を抜けると最初に目にするのが龍。口からミストを噴射しています。夏場なら気持ちいいこと間違いなし。

龍のいる池を木道を歩いて散策することができます。

広場は様々な遊具がありアスレチックワールド。ジャングルジム、シーソー、ブランコなど全て木製。木の上に小屋があったりと、トムソーヤ気分を味わえます。懐かしの遊具コーナーには複数のサイズの竹馬があり、身長合わせて選べます。広場の隅にはロープの長さが10mはありそうな大きなブランコもあり、常時待っている人がいる人気ぶり。アルプスの少女ハイジを味わいたいのですが、意外と怖くてできませんでした。

園内にはレストランもあります。お腹が空いたら沖縄料理を食べましょう。

水牛車は30分間隔で出ています。

水牛小屋ではお食事中でした。タコライスやブルーシールアイスも販売されています。

園内あちらこちら計7か所を巡るスタンプラリーはお散歩に最適。スタンプラリーの途中には冒険がいっぱい。庭園の隅々まで手入れが行き届いており気分よくお散歩できます。またスタンプラリーはクイズ形式になっており、出口で景品がもらえます。

出口付近のガーデンセンターの様子。ここにも龍がいました。写真に写っていませんが、お土産屋もあります。洋ランや沖縄のおもちゃが販売されておりビオスの丘を体験した思い出にちょうどよいかもしれません。

スポンサーリンク

お得なチケット情報

『ビオスの丘』のチケットが10%割引購入できます。方法は主に2つ。おすすめは”コンビニで購入”です。

公式ページのリンクから購入

公式HPの料金のページ案内があります。

ただし、ここから購入すると氏名やメアドなど入力するのが面倒。

なのでおすすめはコンビニで購入です↓

コンビニで購入

JTBと提携しているコンビニの端末でコードを入力することにより購入できます。沖縄県内ならローソン、ファミマでOK。

急な旅程変更になってもいいよう、あらかじめビオスの丘周辺のコンビニを探しておき、訪問直前で購入するのもアリ。

“ビオスの丘 クーポン JTB”で検索してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

『ビオスの丘』は沖縄の自然と文化とアクティビティ満載の体験型施設でした。他ではあまり見かけない木製の遊具は子ども達が大喜びで遊んでいたのが印象的。ここにくればトムソーヤやハイジの気分を味わえます。次の週末にいかがでしょうか。

コメント