スマートキーの電池交換にチャレンジしよう(スズキワゴンRの場合)

DIY

何だか最近スマートキーの反応が鈍くなってきたなって思ったら電池の換え時です。車屋に行くもの面倒、かと言って放っておくとドアが開かなくなるんじゃないかと心配。そんなときは迷わず自分で電池交換しましょう。

スポンサーリンク

スズキワゴンRのスマートキーの電池交換

難しくありませんが、精密機械ですので力任せにするのは厳禁。あと水気もダメです。

用意するもの

  • 電池(CR-2032)1個
  • マイナスドライバー

これだけで基本OK。電池は100円均一のダイソーでも売っています。2個入りで100円(税別)なので予備キーの電池もついでに交換いかがでしょう。

交換手順

  1. メカニカルキーを抜く(ツマミを横にずらしながら引けば抜けます)
  2. ボタンのある方を下に向ける
  3. 隙間にマイナスドライバーを入れる
  4. ドライバーを少し傾ける(この時絶対に力任せにしないこと)
  5. キーのフタが開いてきたらマイナスドライバーを少しずらしてまた傾ける
  6. 電池交換
  7. キーのフタを閉める
  8. メカニカルキーを戻す

以上。簡単ですね。作業時間は3分程度。慣れれば1分くらいでしょうか。ちなみに今回用意したマイナスドライバーもダイソー品です。

 

注意点

『2.ボタンのある方を下に向ける』は結構重要かも。ボタンを上に向けたままフタを開けるとボタンが落ちることがあります。ボタンは薄っぺらでズレやすいのでキーのフタを閉めた時に噛んでしまうことがあります。ボタンを落としてしまった場合は注意してフタを閉めましょう。

あと、マイナスドライバーでスマートキーに傷がついてしまいそうで心配、という方はマイナスドライバーの先に布や紙(セロテープでもOK)を巻いてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

機械音痴な方でも出来てしまいそうなほど簡単ですよね。けどやっぱり面倒だよ、それでも不安、という方は迷わず車屋さんへ行きましょう。工賃もそれほど高くありません。もちろん自分で交換する場合は自己責任でお願いします。

DIY 生活
スポンサーリンク
おきなわ散歩みち

コメント