バリカンの内部はどうなってるの?分解してみました(National カットモード ER504P)

DIY
スポンサーリンク

家庭用バリカンの分解にチャレンジ

我が家で10年来お世話になってきたバリカン、National カットモード ER504Pが動かなくなりました。充電マークは点きますが、電源を入れてもうんともすんとも言わなくなってしまいました。

ダメ元で分解して修理を決意しました。以前から気になっていたバリカンの中身。せっかくなのでどんな仕組みになっているのか開けてみることに。

箱の表面。年数が経ち、一部破れています。

水洗いOKが売りのバリカン。

 

さてさて、分解に取りかかります。まずは背面のねじを外します。

カバーを外すとスイッチがありました。

どんどん開けていきます。

 

内部は筒状になっており、その内部に電気部品がセットされていました。

中から部品を取り出すと充電電池とモーターがコンパクトにセットになっていました。よく見ると青い付着物が。電池の液漏れですね。電池をよく見ると、若干膨らんでおり、カバーが少し破れています。動かなくなった原因は液漏れによる基盤破損のようです。

 

残念ながら液漏れで壊れた基盤を直す技術はなく、処分することにしました。この充電電池、単三電池に似ていますが、プラス極の形が尖っていて、市販の電池を使うのは難しそう。

しょうがないので処分して新しいバリカンを購入することにます。

DIY 生活
スポンサーリンク
おきなわ散歩みち

コメント